忍者ブログ

記事の詳細

[PR]

2017年12月11日(月)

カテゴリー:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

>> 記事の詳細をみる。

第1回 巾着田の曼珠沙華 2006年秋

2006年10月04日(水)

カテゴリー: よりどり試し撮り

巾着田の曼珠沙華の写真。

埼玉県日高市の巾着田は曼珠沙華(彼岸花)の群生している珍しい場所だそうで、ここ数年写真を撮りに足を運んでいる。それほど花に興味はないのだけれど、曼珠沙華は上手く撮影できたときに嬉しい花なのだ。


赤耳さんと行くのを約束しているが、天気が心配なのでこっそりと先に行く。赤耳さんには内緒だよ!!(笑)

赤耳さんと行ったときの写真は、また次回に。


曼珠沙華

巾着田は高麗川にぐるっとΩ字型に囲まれているのだけれど、主にその川沿いに曼珠沙華の群生地がある。

まずは様子見で、ぐるっと一通り巡ってみようと思った。

写真はクリックで拡大します。


曼珠沙華

曼珠沙華

最初の頃、テキト〜に撮ったもの。

ちなみに私のデジカメは、コンパクトのFuji FinePix F710です。


曼珠沙華

曼珠沙華と朽ちた木

全く同じ写真を過去に撮った気がする。デジャビュか?!(笑)いや、毎年特に変化がある訳でもなく、同じような写真になっちゃうね…。


曼珠沙華

染まらない曼珠沙華

私がニッコリ微笑むと、恐怖で花が白髪になった…。んな訳ない!

ここら辺の写真は、載せるか迷ったなぁ。テキト〜さが写真に現れてるもんなぁ…。


曼珠沙華

影と曼珠沙華

ちょっと暗かった。

こういう陰影を付けた写真でまともなのを撮りたかったんだけど、残念ながら撮れませんでした。理由は後ほど…。


一通り下見は終わった。

今日は絶好のチャンスだと確信。さて、ちゃんと撮るぞ〜! 楽しみだ!


道案内

そのとき突然、何者かに肩を叩かれた。

「何だ?」と思ったら、親だった。電車で来たらしい。

巾着田の曼珠沙華は初めてらしいので、案内したり相手をする。その間写真はほとんど撮れなかった。快晴に近いので、また後で撮れるかと。

これが油断だった…。


曼珠沙華

曼珠沙華と空

空の爽やかさで選びました。普通な感じの写真も載せたかったし。


天は気まぐれ…

あんなに晴れていたのに、親と飯食ってる間にどんより曇っちゃいました…。このときは本当にガッカリした。うわ〜ん!(T_T)

親が張り付いているので、一ヶ所にとどまって集中出来ず。


曼珠沙華

曼珠沙華と梅の木々

そして、親は満足げに帰っていった。それはそれで良いことである。

さて…。


この天気では頭に思い浮かべていた写真は撮れないね。どうすんべ。


曼珠沙華

僕と曼珠沙華

覗いている感じで、一輪。ストーカーチックに(笑)。


曼珠沙華

行く手を拒む曼珠沙華王国

暗すぎたのは失敗。前ボケもうるさいか。

ここら辺は一応集中して撮ってたんだけど、天気で撮る場所が限られてしまった。林の中だから思った以上に暗くて手ブレした。


ちょっと不本意ではあったけど、楽しい撮影でした。


おまけ写真

状況写真とか、上手く撮れなかったけど載っけてもいいかなという写真です。

クリックで少し拡大します。


自転車

紅の自転車

曼珠沙華色の自転車で来ている人もいる。ん? このマウンテンバイクや、ハンドルに引っかかってる風呂敷の様な帽子は、どこかで見たような…。

私のです(笑)。私の住む西東京市から2時間弱。(^_^;)


曼珠沙華

咲き誇る曼珠沙華

こんなに咲いている場所も。人がたくさんいるという写真にもしたかったんだけど、隠れてみえないかな。正直、撮影場所を確保したり、人を隠して撮るのが大変です。


曼珠沙華

闇の中の曼珠沙華

暗い部分には、見ては行けないモノが…!!?(嘘)

こんな撮り方も出来るんですが、これはテキト〜に撮ったもの。後で良い条件を探してじっくり撮ろうと思ったのですが…。


曼珠沙華

白い曼珠沙華

これがやっと撮れた構図。色々奇妙に動きながら頑張ってみたのですが…。


曼珠沙華

つぼみ三兄弟

あいあい橋の下の曼珠沙華のつぼみをアップにして撮ってみました。


曼珠沙華

ちっこいやつ

単に倒れてるようにも見えるけど、背が低いやつ。

自分はこういう番外的な写真を撮るのが好きだったりする。


曼珠沙華

木の幹に生える曼珠沙華

木の幹に生えてたので思わずパチリ。半分枯れてたとはいえ、テキト〜に撮り過ぎたかな。


コスモス

コスモス

巾着田にはコスモス畑もありま〜す!


彼岸花、小話

写真を撮っていると、すぐ背後で子持ちの女性らが喋っている。

「やだ〜、この子『おじいさんが見える』だって」

彼岸花見にきて『(亡くなった)おじいさんが見える』って嫌ね〜(笑)」

「(高麗)川の向こうで手を振ってるとか言い出すんじゃないの?(爆笑)」

そのとき、笑いを堪えた怪しい表情で、曼珠沙華を撮っていたのは私です…。もちろん写真には、薄らとご老人の姿が?!


まだつづく…

次回の記事は、赤耳さんと曼珠沙華の撮影に行ったときのことを予定しています。


巾着田の曼珠沙華 2006年秋(連載)

友達による、今年の曼珠沙華の写真

PR

コメント 0件

トラックバック 0件

>> コメントをよむ。する。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]