忍者ブログ

記事の詳細

[PR]

2017年06月27日(火)

カテゴリー:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

>> 記事の詳細をみる。

いざ千葉へ! 〜 第2回 金谷到着 編 〜

2006年09月09日(土)

カテゴリー: ふらっと散策

友達の赤耳さんと千葉へドライブ。

前回の深海生物展に引き続き、今回の記事は、金谷への道中ついて。


いざ、金谷へ!

深海生物展にて怪しい爽やかな生物の洗礼を受けた私たちは、鋸山のある金谷へと向かう。

街道沿いでは千葉県警(?)による交通安全の標語が目につき、私たちに緊張感がみなぎった。


美人多し 脇見運転注意!(たしか国道16号)


もちろん緊張して、美人を探す。しかし工業地帯。トラック野郎しか見当たらないぞ!(身も心も美しい人は、私だけだった…?! え? 赤耳さんは??!)

しかし千葉県民、所々シャレが効いててなかなか良いぞ!(笑)


金谷到着?!

帰りに海ほたるで夕焼けでも眺めようという話はどこへやら、金谷に辿り着いたのが午後6時近く。既に夕焼け気味(笑)。最初の渋滞が効いた…。私の作戦ミスだ…。

真っ先に、鋸山へ車で登れちゃう有料道路を目指す。山頂で暗かったら悲しいじゃん!「あった、ここが入口だ!!」


通行PM4:30まで


もっと悲しかった…。(T_T)

呆然とする、赤耳さんと私…。とりあえず、ロープウェー乗り場まで引き返そう。赤耳さんの話では、最終が6時半らしい。

しかし海岸沿いのトンネルが続きしばらくUターン出来ず、やっとUターンしたときには、思わず車を停めた。

浜だ。ちょっと降りてみよう。


金谷鋸山

プチ展望台から撮った浜

実際はこんなに暗くない。(暗く撮り過ぎた)

こういう海の景色を見ると、心にウニがザクザク刺さって大量出血する。

でも海は好きさ…

突然語り口調(笑)。


金谷鋸山

写真を撮る赤耳さん

何だかシルエットで格好良く写ってるのが腹立つなぁ(笑)。

海に涙を誘われつつ、赤耳さんの姿を見ると変な人なので微笑ましくなった。いや、笑えた。わっはっは!


こんなことしてる場合じゃな〜い!

ロープウェー乗り場へと急ぐ。果たして、間に合うのか?!


まだまだ続く...

次回は、本当に鋸山(?)の予定。


PR

コメント 2件

トラックバック 0件

>> コメントをよむ。する。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ある意味ダイナミックな景観

まぬ

2006年09月12日(火)

> しかし海岸沿いのトンネルが続きしばらくUターン出来ず、

あのへん、道路事情がすこぶる悪いんですよね…(遠い目)

路肩も満足にない、道幅の狭い対面二車線がえんえん続いたのを覚えています。
トンネル部分に至っては、車がすれ違うのがやっと…。そのトンネルも、岩肌がむき出しのいかにも年季の入ったトンネルで (^-^;;)
地元の方はどうやって暮らしているんだろう…。少なくとも、チャリで移動した日にゃ死を意味しますな :-D


有料道路が近年できて便利になっていますが、内陸部をトンネルで突き抜けているので、浜金谷周辺の観光にはあんまり役に立たないという ;-)

Re:ある意味ダイナミックな景観

HAYA

2006年09月12日(火)

まぬさん、なんと浜金谷をご存知でしたか! しかも詳しい!
私は初めて行きました。すぐ帰ってきたので、まだよく知りません(汗)。

正に道はそんな状況でした。たまにかろうじてUターン出来そうなスペースが。でも気づいたときには通り過ぎ…、トンネル出口にスペースがあっても激突されそうだし(汗)。カーブしてて(←トンネルまでもが)見通し悪かったりするし(笑)。
Uターンを考えなければ、おもしろいといえばおもしろいコースですね。
また行ってみたいです!

無題

まぬ

2006年09月13日(水)

高速を下りてすぐの木更津あたりは、道も広いし普通に住めると思いますが…。マザー牧場近辺を過ぎたあたりからいきなり道が貧弱になりますね。(^-^;)

掲示板の方にも昔ちらっと書いたと思いますが、正月に帰省した際に母親に付き合わされて (^_T) 2年連続で南房総苺狩りツアーに行ったことがありました。
その時の行程は、浜松町のはとバスターミナルを発って一番にアクアライン横断、浜金谷で自由行動(昼飯と水産物買い物)、道の駅ローズマリー公園に隣接した観光いちご園で苺摘み、道の駅ちくら(潮風王国)で休憩、お花摘み…というコース。
帰りは館山市内で大渋滞で、高速に乗るまでにえらい時間が掛かりました。ちなみに帰りはアクアラインは渡らず、東関東自動車道・湾岸道路経由で東京駅解散。

おいらは5歳のときに家族旅行で鋸山へ行っていますが、ロープウェイに乗ったことしか憶えておりませぬ。
マザー牧場に至っては行った記憶すらない (^_T) 写真が残っているので行ったことは間違いないんですが…。

Re:無題

HAYA

2006年09月14日(木)

まぬさん、コメントありがとうございます。m(_ _)m

浜金谷までですが、まぬさんとは行きと帰りが逆で同じような場所を通った感じです。
あまり地理に詳しくないので、それだけで「お〜!」と感動(笑)。たしかにマザー牧場辺りから道が貧弱貧弱貧弱(←ジョジョっぽく)になってました。
館山は浜金谷からもっと先ですね(?)。また行く予定なので、足を伸ばすのもいいかもしれないと思いました。道の駅もチェックですね。〆(._.)メモメモ
渋滞さえなければ気軽に足を伸ばせるのですが、こればっかりは…(汗)。あ、そうか、チャリで行けばいいのか!!(ウソっす!!)

>マザー牧場に至っては行った記憶すらない (^_T) 写真が残っているので行ったことは間違いないんですが…。

そ、その写真はもしや、生き別れの双子の兄弟では??!(笑)
しつこくもしや、鋸山の地獄のぞきから転落したため、軽い脳しんとうで記憶をなくしてしまったのかもしれません!!

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]